Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://wonderproject.blog79.fc2.com/tb.php/128-834287b7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

間が開きましたがこんにちは

きしももっ>r(`□´n)
こんにちはアメリアです。
また間を空けてしまいましたねぇ。この太陽光を浴びると眠る夜行性体質はやヴァいと思うのですが…
ま、仕事夜勤だし仕方ないわな┐( ´ー`)┌

ちなみに土曜日は祭りでなくG狩りのほうに。自分で言っといて当日が第一土曜日って事忘れてました。
場所:アビスレイク2F
前衛:私、友康さん、ヤドリさん
後衛:郭嘉㌧、しのめめさん、べっきー
支援:楼花さん、スー

特筆事項も無く…あ、いや、私二回転んだっけ。当日少しぼんやりしてたのです。
ともあれ追記は(゚Д゚)ゴルァ!!SSでどうぞ。



「…ファリナ!ファリナ…嫌…嫌ぁぁぁぁぁ!」
フィオーラは変わり果てた妹の亡骸の前で泣き崩れた。
「…すみません…私が…私があの時罠を解除していれば…」
「正直な話、俺達が生きて帰れたことが不思議なんだ…」
生き残ったメンバーがそれぞれ彼女に声を掛ける。しかしそれらの声はもはや届いてすらいない様だ

「姉さん。」
「…フロ…リー……ナ………?」
「ファリナ姉はこうやって体だけでも帰ってこれた…それだけでも幸せ者よ」
「フロリーナ!貴女…!」
「…私は、自分がそうだった時連れて帰れなかったから―」
そう言って目を伏せる。そんな妹の哀しげな雰囲気にフィオーラは言葉を次げなかった。
「―だから、きちんと故郷に…トアルでお葬式を出してあげましょう。」
「…うん…。わかっ…たわ…。」
(アンデットになった姉さんと戦う…それがない私達も…ね。)
フロリーナは、その残酷な一言だけは、口に出さず飲み込んだ。

数日後…

~トアル村近くの森~
斧を手にした男と、外套を纏い籠を手にした女が薬草摘みをしていた
「ったく…なんで薬草摘みなんかにこの俺が…」
「最近は物騒だからねぇ~。貴重なものだと魔物がうようよする深い森を探し回らないといけないそうよー?」
「うぅ…寒ぃー…。なぁ、キャス。まだ足りないのか?」
「外套をきちんと着てこないアレン君が悪いの。ぶつくさ言わずに摘んで摘んで。」
「よく言うぜ…ん?」
ふと周りを見渡すと荷車を引いた見覚えのある顔が二つ。
「…キャス!あれ、フィオーラさんじゃ無いか?」
「…んー?…あ、ホントだ。お師匠様ーっ!」
「おいおい、待てって!走ると危な…」
「きゃーっ!」
「あーあやっぱり…。ったく、俺の集めた薬草全部ばら撒いて何やってんだよ…。」



すごく…中途半端です…。
でも出勤近いのでこの辺で。日中寝すぎるのは難点でありんせ…。
ブログランキング。
↑続きを期待するなら押してくりゃれ?
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://wonderproject.blog79.fc2.com/tb.php/128-834287b7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

†炎の紋章†

Author:†炎の紋章†
Baldur鯖在住のネタ師。

前衛大好きAgi大好き。
そして何よりネタ職が大好物。

座右の銘は
『ネタは世につれ
 世はネタにつれ』です。

我が心の迷言集。

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキング参加してみました!ポチっとどうぞ!

ブログ内検索

FC2カウンター

ROクロック

ROコンテンツについて

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。