Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://wonderproject.blog79.fc2.com/tb.php/119-417586ca
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ずっとゴルロアのターン

BSももっ>r(`□´n)

や。今晩は。
今日もリポーターはこのアタシ。ファリナよ。
『中の人』曰くねー。放っておいてもSSのネタが出るってんで今すごく気に入ってるみたい。うん。
その分アタシの出番は増えるってワケよ

で、件の女王蟻だけど割りとあっさりイケたわ。その次受けた狼討伐なんかはあっさりしすぎで面白く無かったわねー。
で、次はオーク討伐!まだ受けた事無い依頼だし知った顔もあるしで今回は楽しめそうだわぁ♪
あー。それと姉さんもフロリーナも冒険者登録しちゃったみたいねー。
姉妹で依頼受ける事とか無いかなぁ。無いだろうなー。生きててくれればいいけど、さ。

っ[中継入ります]

中継?おーけ。んじゃ、この辺で。
今晩は。中の人こと炎の紋章です。(懐かしいなぁこのHN)
そんなこんなで3人とも生き延びてる我が娘たち。頑張れ、超頑張れ。

ちなみに上二人には大層なストーリーを加えましたが、フロリーナは特に設定無いです(爆)
@気づいた方居るでしょうが、ネタ元はFE烈火のペガサス三姉妹です…といっても名前だけですが。

と言うわけで今回は…三女フロリーナの今回の冒険をリプレイしましょう。



黄金暦88年9月○日
都市オーキナで衛兵していた私ですが、今日から冒険に出る事にしました。その記録を記そうと思います。
最近、魔物の討伐とかで集められた冒険者の出入りがすごく多くて…それで、私自身も戦いに赴こうと思って辞表出して志願したんです。
宮仕えと言っても薄給ですし、これじゃお姉ちゃん達への仕送りだけで精一杯。
それで冒険に出たんです。…志願書には「国の現状を憂いて」って書きましたけど。
ゴブリン、ゾンビと討伐の依頼を受けて今回は人型の怪物だとか。多分コボルトでしょう。

黄金暦88年9月△日
北西の森の洞窟に到着しました。ここからが本番です。
洞窟の中は寒々としてすごく気味が悪い…。でも、私たちは奥を目指して進みます。

コボルトの群れと遭遇。落ち着いて迎え撃ち、特に被害も無く済みました。
小休止できそうな部屋がありましたが、まだ探索を開始したばかりですのでそのまま進みます。

コボルトや狼の群れを退治ましたが、行き止まりでした。コボルトのリーダー格もここには居ないようです。宝箱も見つけたけど警報が仕掛けられていて、コボルトの衛兵に襲われ大分痛い目に遭いました…。

先ほどの広い部屋に戻り、別の道を進みます…。

…別の道の先はオーガゼリーが…。行き止まりのようだし、歯が立たないので逃げ出す事に…。
…さっきの戦闘で毒を受けたのかな…体から力が抜けてく…。

大きく引き返し、別の道へ。…体に力が入らない。皆も、結構傷が深いみたい…。
…このまま、リーダーと戦って勝てるのだろうか…お姉ちゃん…。もう一度会いたいよ…。

黄金暦88年9月×日
…その後、進んだ先でコボルトチーフと戦った私達。
皆の疲労も激しく、私も危うく死に掛けました。
…そして、魔道書を使っていた人が…。死にました。みんなを逃がすために…チーフの刃の盾になって。
…初めて居合わせた他人の死。辛いけど現実…。

…いつか私もああなるのかな…そしてゾンビになって…これ以上は考えたくない。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://wonderproject.blog79.fc2.com/tb.php/119-417586ca
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

†炎の紋章†

Author:†炎の紋章†
Baldur鯖在住のネタ師。

前衛大好きAgi大好き。
そして何よりネタ職が大好物。

座右の銘は
『ネタは世につれ
 世はネタにつれ』です。

我が心の迷言集。

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキング参加してみました!ポチっとどうぞ!

ブログ内検索

FC2カウンター

ROクロック

ROコンテンツについて

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。