Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://wonderproject.blog79.fc2.com/tb.php/118-5f46ecdb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ゴールデンロア 続き

きしももっ>r(`□´n)

よっ。アタシはファリナ。自己紹介はいらないね?
唐突だけど今日のブログのリポーターはアタシなのさ

今日は狼退治に行ったんだ。川沿いの洞窟に狼の群れが住み着いたらしくてね…。
蝙蝠や狼を軽~くなぎ倒して来た所なんだよ

ん、まぁ。一回罠に引っかかりそうになったけど(笑)
なんつったかなアイツ…あぁ思い出した。レスティアって奴が勘が良くてな。お陰さまで岩の下敷きにならずに済んだよ。

ともあれ無事終わったんだけど武器も防具も手に入らなくってね…orz

このままコイツと運命を共にするってのも悪かないけどねぇ…。
…次の大蟻退治、生き残れっかな。アタシもだけど回りも自己の鍛錬に命かけてるヤツばっかだし。



ま、生きてたら明日もヨロシクっ
                                         ――続く。
今晩は、中の人です。
と言うわけで続きます。以下駄文。

・キャラクターデータ2~フィオーラの場合~
トアル山道の中腹にある渓谷の村。その町で彼女は医者を営んでいた。
薬草の知識を母から学び、町に出ては医学書を買い、技術と知識を積み重ねていった彼女は村の中で非常に頼りにされていた。
今では弟子も持ち、小さな診療所を開いて治療を行う彼女だが、齢27にして独り身である為、尚更村の男達の憧れの的であったりする。
しかし声を掛ける男達は(冒険者として名を上げようとする者も含め)次々と妹に殴り倒されているのだが…。

「姉さん」
『あら、ファリナ…またやったのね…』
「…冒険に出て、名乗りを上げたいんだってさ。起きたら」
『「アタシに伸されてるようじゃ無理よ」…でしょう?』
「…ご名答。じゃ、アタシはこれで。」
『待ちなさい。…貴方、まだ【あの事】を…』
「…」
妹は何も言わず出て行った。

「わ。アレン君が伸びてる。」
『キャス?丁度良かったわ。ベットまで運ぶから手伝ってくださいな』
「…また妹さん?」
『…その通りよ』

妹が伸した樵(アレン)の看病を弟子のキャスに任せて、少し早く休む事にした。
…【あの事】…そういって、私はなんて繋げようとしたのかしら…。

そんな事を考えるうちに眠りについていた。

朝起きて、妹の仕事場に向かう。特に理由は無い。単に顔を見に行こうとしただけの事。
でもそこに見慣れた顔は無かった。

袋に少々の金貨と、置手紙を残して。

┌―――――――――――――――――――┐
|ごめん、姉さん。                  |
|色々考えたけど、アタシやっぱり旅に出る。  |
|アイツの敵を討ちたいとかそんなんじゃなくて |
|私自身が強くなって、村の皆を守れるように…|
|冒険に出て、犬死する奴が出ないように。   |
|だから、最後のワガママ。            .|
|――探さないで。                  .|
|                             |
|                 .ファリナ・スノウより|
|           親愛なるフィオーラ・スノウへ|
└―――――――――――――――――――┘

『…あの子ったら…。』
そんなワガママ、聞ける訳無いじゃない。

―その手紙を手にして診療所に帰った私はキャスに数ヵ月後旅に出ると告げた。
色々と準備が要るのだ。この村に医者と呼べるのは私くらいしか居ない。
だからなるべく短い期間で、持てる知識をできる限りこの娘に残してあげないといけない。
キャスは、最初戸惑っていたもののすぐに承諾してくれた。その次の日から今までに無い猛勉強を課せる事になるのだけど…。それでも私の意を汲んでくれた彼女には感謝しないといけない。

2ヵ月後。必要な知識と家財を最も信頼する弟子に預け、彼女は旅立つのであった…
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://wonderproject.blog79.fc2.com/tb.php/118-5f46ecdb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

†炎の紋章†

Author:†炎の紋章†
Baldur鯖在住のネタ師。

前衛大好きAgi大好き。
そして何よりネタ職が大好物。

座右の銘は
『ネタは世につれ
 世はネタにつれ』です。

我が心の迷言集。

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランキング参加してみました!ポチっとどうぞ!

ブログ内検索

FC2カウンター

ROクロック

ROコンテンツについて

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。